ラブコンカラコン ハーフ目になれるのは?

今ならカラコン2SET購入で1000円オフ!!

≫ラブコンカラコン公式HPへ

ラブコンカラコンハーフ目ランキング

バリエーション豊富なラブコンカラコンの中でも特にハーフ目になれるのはどのカラコンなのか?

 

実際の装着感や発色、口コミなどを参考に独自のハーフ系カラコンランキングを作成しました。

 

外国人風の瞳になりたい人必見のランキングです。

 

New Ardor(ニューアーダー)

New Ardor(ニューアーダー)

ラブコンでハーフ系と言えばやっぱりNew Ardor(ニューアーダー)。決して派手ではないけれどリアルなハーフ目を追い求めて出来上がったリアルハーフアイカラコン。3トーンのグラデーションデザインを使った大人のためのナチュラルハーフなレンズがイイ女風の目元を実現。

 

 

 

Venus(ヴィーナス)

Venus(ヴィーナス)

ぬけ感重視のハーフカラコンがこのVenus(ヴィーナス)。誰もが憧れるハーフ顔になれるブラウンとグレーのレンズは発色抜群のキラキラレンズ。大人っぽさと可愛さを兼ね備えた万能ハーフカラコンです。

 

 

 

Twinkle(トゥインクル)

Twinkle(トゥインクル)

デカ目とハーフ目を両立させたレンズがこのTwinkle(トゥインクル)。アクセントカラーを用いてミックスカラーでデザインしたレンズはハーフ系なのにきつくならない新感覚レンズ。クールな印象ならヘーゼル、優しい印象ならピンクをチョイス。

 

 

 

Ange(アンジュ)

Ange(アンジュ)

盛りすぎずにイマドキのナチュラルなハーフアイならAnge(アンジュ)。シンプルなデザインにグレーの発色は派手すぎずシンプルなハーフ目を演出します。14.5mmの直径で大きすぎず小さすぎない、さりげない印象のハーフアイになれます。

 

 

 

Judy(ジュディー)

Judy(ジュディー)

ラブコンの中でも最高発色と言われるのがJudy(ジュディー)。16mmのデカ目レンズに日本人の瞳に合わせた発色は黒目がちな人でも見事なハーフ目に。キラキラ輝くレンズはまさに新感覚のハーフアイ。

 

ハーフ目に盛れるのに重要な要素は?

ラブコンカラコン ハーフ目になれるのは?

さて、ハーフ系ランキングはいかがだったでしょうか?

 

実はハーフ目になれるカラコンというのは色味はもちろんデザインも重要です。

 

明るい発色だから、グレーだから、ブルーだからハーフ目になれるってわけでもなくて色味とデザインのバランスによってハーフ系カラコンが成り立っています。

 

よりリアルなハーフ目になろうと思ったら色味だけでなく、そのデザインにもこだわってみてください。

 

ただ単に明るいだけのカラコンを選んでしまったら瞳だけが浮いてしまって違和感しかありません。

 

自分の瞳に馴染みやすいフチで発色の良いカラコンを選ぶとよりリアルなハーフ目になれるはずです。

 

 

page top